やきものと絵画の趣味の方は、中和堂コレクションをご覧になって、2千年の歴史を持つ、中国陶磁と書画の名品をご堪能ください。

概要

トップもどる

中和堂コレクションの概要

この≪中和堂コレクション≫は、

陶磁器の中でも最高峰といわれる、

歴代の「官窯磁器」を主とした中国陶磁を柱として、

唐朝から清朝までの歴代著名作家の中国書画(水墨画・書法)と、

北魏時代の石仏像漢代の青銅器などの

中国美術の粋を、約30年間に亘って個人が収集した、

国内外でも有数のコレクションです。


特に陶磁器は、

2千年の中国陶磁史を隈なく検証できる貴重なコレクションとして、

2002年度に日中国交正常化30周年記念行事の一環として公式展覧会

開催し、中国ならびに国内外の関係者からも多大な関心を寄せられました。


また、中国書画については、

日本画や文人画の基となった山水花鳥水墨画をはじめ、

学研的にも大変貴重な、唐朝から宋朝の本邦初公開作品が数多く含まれております。


北魏時代の仏像や青銅器などのコレクションもあります。


≪中和堂コレクション≫は、

中和堂中国美術館(千葉県芝山町)

にて専属的に展示されておりましたが、そこで展示される作品総てが、

どの美術館にも引けを取らない質の高さを誇りながら、一部作品は

手に取って観ることが出来る

オリジナルとレプリカの比較展示がある

作品の説明が受けられる

など、従来の美術館にはあまり例のない、体験型かつアットホームな、心の通う、専門の美術館としてご覧頂くことが出来ましたが、残念ながら館主老齢に達し、平成26年5月に閉館いたしました。

コレクション作品は平成27年5月より頒布されることになりました。

 a:7105 t:1 y:0



トップ次へ美術館企画展 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional